読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K.T.C.C

映画とか洋ゲーの冒険記です。大体端書。

映画前売り券おまけ:『BABEL』(バベル)のジグゾーパズル

映画

f:id:T_TAPER:20150522233851j:plain

BABELっていう映画があった

 2000年代後期日本映画シーンにおいて、ある意味かなり注目された洋画であったのがこの『バベル』。理由は日本人女優・菊地凛子と俳優・役所広司の出演に他ならない。事前評判はかなり高かったと記憶している。

そんなメディアの口車に乗せられ、ついつい買ってしまったのがこのジグソーパズル付き前売り券1300円。

 

 

f:id:T_TAPER:20150522233903j:plain

 

f:id:T_TAPER:20150522233922j:plain

 

ピーテル・ブリューゲルの有名なバベルの塔の絵画をA4半分位のサイズでパズルにしたものだ。

旧約聖書創世記 第11章に記されている伝説の塔で、ノアの洪水後、人間が天にも届くような高い塔≪バベルの塔≫を築き始めたのを神が見て、その驕りを怒り、人々の言葉を混乱させ建設を中止させたとされる逸話中、塔の建設場面を描いた本作は、内部まで細密に描かれている建設途中の塔の形態、色彩、人物・風景描写など各部分において特筆に値する秀逸の出来栄えを示している。ノアの洪水後、ノアの子孫ニムロデ王が自身の力を誇示せんが為に高い塔を築き始め、その奢りに神が怒り、人々の言葉を混乱させ建設を中止させたことから、世界中の言語が誕生したとされている。建造を指導したニムロデ王は、人類の堕落に怒った神の命を受け箱舟を造り、自身の家族と一つがいずつの動物たちと共に乗船し、神が起こした大洪水を77日間生き延び、新たな人類の祖となった義人ノアの息子の子供とされる(http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/brueghel.html より引用)

 

 

f:id:T_TAPER:20150522233954j:plain

 

 

 

f:id:T_TAPER:20150522234713j:plain

 

f:id:T_TAPER:20150523005227j:plain

 

大きさが大きさなので、難易度は低い。サクサクとストレス無く組み上げる事ができるので、頭のストレッチには丁度良かった。

 

前売り券のおまけは、かなり日本らしい日本独特の映画グッズだと思っている。今回のバベルのジグソーパズルも、往々にしてゴミ箱行きが確定しているようなものだったが、運良く時の流れの中から救出することが出来た。

 

改めて見てみると、案外映画の内容そのものを熟考する良い時間を与えてくれる、これも一種の映画の小道具といえるのかもしれない。事実、このピーテル・ブリューゲルのバベルの絵について考えなければわからない様な内容も、バベルの映画の中では描かれている。

 

最近、ムビチケなどで映画前売り券のチープ化が甚だしい日本映画館業界であるが、今後もハイセンスなおまけが増えてくれることを願っている。さもなくば、日本の映画館に、世界と比べて利するところなど無いだろうから。

 

 

バベル [Blu-ray]

バベル [Blu-ray]

 

 

 

Macbook pro 2011 8G×2 rammaxメモリ交換完了

雑記

f:id:T_TAPER:20160109032724j:image

 
f:id:T_TAPER:20160109032715j:image
 
2010earlyモデルのMBPに認識されなかったRamMaxの8Gのメモリ、ようやく2011モデルのMBPに換装出来ました。
 
こちらのi5マック4G→16Gのアップグレードとなった為、まだまだ使えそうです。
 
精密プラスドライバーで底蓋を開け、昔のメモリを取り出し、同様に新しいメモリを差し込みます。この個体は非常に取り出し易い締まり具合でした。
 
ついでに埃も取っておきます。4年ほど一度も掃除していなかった個体なので、かなり大きい埃が目立ちます。
 
新しいマックブックからは自由に取り外し出来なくなったので、少し残念です。
 
5分程で終わるので、本当に楽で埃もサッと除去。気分いいです。
 
 
 

第88回アカデミー賞大本命『レヴェナント:蘇えりし者』 ネタバレ感想

http://www.telegraph.co.uk/content/dam/film/revenant%20poster-large.jpg

92点

 

まずはネタバレなし感想

 
個人的には今年ベスト映画です。
とにかくこれぞ大自然!!という感じの環境描写が雄大過ぎる映画でした。意外と人間ドラマも凝縮されて描かれてます。しかし、細かい説明は最小限なので、歴史の事前知識があると良いかも。
 
映像に関しては『バードマン』で鮮やかに示した超長回しのシーンが今回も健在です。どうやって撮影したの!?と言わんばかりの豪華な映像の連続。とにかく光には拘っているようです。
 
音楽は言わずもがなザ・坂本龍一。完全に坂本龍一です。映像と調和した音楽にはうっとりします。自然音なのか音楽の一部なのか、音が実に見事に融合しています。
 
ストーリーはシンプルながらも、意外と色々な物語が絡んできます。5〜6のストーリーが混ざってますね。これもバードマンで見かけた雰囲気です。
 
とにかく雪山登山をした事がある人には絶対見て欲しいです。あの感覚が完全に再現されています。詳しくはネタバレに
 
 
 

ここからネタバレ全開で妄想考察します!!長いです(多分)

 

続きを読む

麻布十番「ふぐ武」

f:id:T_TAPER:20150904191745j:plain

 

今回は今までの食べ歩き史上最も高額な食事を紹介したい。

その名も「ふぐ武」。ふぐである。

 

www.fugutake.jp

 

 

 

f:id:T_TAPER:20150904200939j:plain

 

ずばり、フグ

フグをとにかく食べたい。

麻布十番にあるこのお店、「ふぐ武」はそんな想いを叶えるには最高の場所だ。

 

麻布十番駅からほど近い、雑居ビルの谷間の静かな通りにこのお店はある。狭い間口を通ると庶民的な雰囲気店で、わりかし安心する。

 

今回は2階の個室という事で、階段前で靴を脱ぐ。急な階段を上がると、3つほど個室がある。そのうちの1つに入る。

伝統的な感じの調度品が揃う和室だ。

食事に集中する事が出来そうだ。灰皿もしっかりとした大型のものが置いてある。

 

f:id:T_TAPER:20150904202050j:plain

フグのマリネのような一品。野菜主体で普通のサラダを食べるよりも健康に良さそうな味がする。

 

 

f:id:T_TAPER:20150904200949j:plain

フグの刺身。その量の多さにただただ圧倒される。ここまでフグ尽くしだとは予想だにもしなかった。

たれも素人にも違いが分かる味でうまい。

 

完璧。

 

f:id:T_TAPER:20150904202749j:plain

 

フグの西京焼きは何だか勿体無いような気もしたが、とにかく美味く今まで食べた西京焼きの中で圧倒的に美味かった。

 

恐らく次に訪れるのは10年後になるかも知れないが、それでも事足りるくらいとにかくフグを食べまくったので笑えるほど満足した料理屋だった。