読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K.T.C.C

映画とか洋ゲーの冒険記です。大体端書。

映画前売り券おまけ:『BABEL』(バベル)のジグゾーパズル

BABELっていう映画があった 2000年代後期日本映画シーンにおいて、ある意味かなり注目された洋画であったのがこの『バベル』。理由は日本人女優・菊地凛子と俳優・役所広司の出演に他ならない。事前評判はかなり高かったと記憶している。 そんなメディアの口…

新宿バルト9の展示物シリーズ:その2『アップルシード・アルファ』の実物大ブリちゃん

毎度毎度アニメ映画が公開されると特別な展示物をチケット売り場に置いてるれる新宿バルト9。今回は士郎正宗原作の名物映画『アップルシードα』公開に合わせて登場キャラクターのデュナンの装身具とブリアレオスの実物大フィギュアが展示されていた。 本記事…

2015年10月・飛行機内連続映画観賞感想

『英国王のスピーチ』 83点 超ハートフル映画で、家族愛に感動せざるを得なかった。 映画『英国王のスピーチ』予告編 『アントマン』 90点 映像・娯楽性共に最高だった。ヒロインがツボ。マーベル界隈の話に詳しかったらもっと楽しかったと思う。 『アントマ…

バルト9展示物シリーズ:『楽園追放』のアンジェラ等身大フィギュアが凄い

新宿バルト9はじめ、2014年11月に全国で公開された長編劇場アニメーションです。 劇場数が少なかったにも関わらず、アニメ映画としては異例の興行成績を記録したことでも話題になりましたが、何と言っても一番の注目ポイントはその直球過ぎる露出スーツ。も…

映画『レヴェナント』(原題:The Revenat)の事前情報まとめ

アカデミー賞の季節がやってきました。かなりの豊作だった2015年の作品賞としては『マッドマックス』や『マーシャン(オデッセイ)』などが目立ちますが、やはりこの作品『レヴェナント』が個人的には一番熱いです。 まずはトレーラーをご覧ください。 サバ…

『Star Wars:Ⅶ』ワールドプレミアの様子が物凄く楽しそう

今回、あらゆる箇所で最も目立ったのは、満場一致でBB-8といえるのではないだろうか。 こんなに楽しそうなワールドプレミアも珍しい。 ピーピー言ってるBB-8にインタビュー この笑顔。サイコーです。 Ep8が待ち遠しいです。次はワールドプレミアに行きたい。

「完全」なIMAXスターウォーズEP7(フィルム上映)の初日チケット買えたのでIMAXに備える

あと10日もしないうちにスターウォーズEP7が公開されるということで、ネタバレを如何に避けつつも可能な限り早くIMAXで最高の映画体験をしたいと血眼になって映画館を探した結果、なんと奇跡的にもサウスケンジントンのサイエンス・ミュージアムIMAX10/17日…

ある意味究極の闇『ドローン・オブ・ウォー』感想

現代戦争度:80点 殺戮度:90点 解決の兆しが見えないアメリカの闇度:90点 総合:81点 推奨BGM www.youtube.com 久しぶりに見たイーサン・ホーク主演の戦争映画(と言ってもいいと思う)。 戦争映画としてみると、主人公はUAVのパイロットとしてアフガニス…

【ネタバレ】『マッドマックス 怒りのデス・ロード』あらすじ感想

(この記事は『マッドマックス』試写会を終えた直後の感想です) 冒頭ー核戦争と環境変異により、世界が荒廃している様がマックスのモノローグによって始まる。 最初のシーンは砂漠で遠くを見つめる1人の男。髪の毛がもじゃもじゃドレッドヘアに顎鬚でさな…

塚本晋也『野火』感想:終戦記念日渋谷トークショー

塚本晋也『野火』 88点 相当のゴア表現は覚悟していったが、予想通りかなりグロかった。正直何故12禁で済んだのか全く理解できない。と言っても、自然状態で見受けられるような、良く言えば「自然な」グロさなので、見るに耐えないようなシーンはそこまでな…

しつこい小ネタがツボる『ted2』感想

8月28日より全国公開予定の『テッド2』。前作から引き続き、ほぼ同じキャストと製作陣で撮られた本作。たまたま試写会で見ることができたので、ネタバレ抜きで感想を書いてみた。(やっぱり最後にネタバレ付け足しておいた。めっちゃスクロールしてくれ) あ…

『ハイネケン 誘拐の代償』 試写会の感想(後半ネタバレ)

こんばんわ。早速、アスミック・エースの六本木オフィスの席数44席の試写会に行って来ました。補助席+7で51席ということでしたがギチギチでした。やっぱりスクリーン遠かったです。 www.youtube.com ざっくり言うと、金に困った若者達が金持ちを誘拐して一応…

春公開の洋画3行感想まとめ:『バードマン』『ジュピター』『アメリカンスナイパー』『セッション』

皆様如何お過ごしでしょうか。久しぶりの更新となりますが、季節はすっかり盛春を過ぎ桜の舞い散る時期となりました。 アカデミー賞も発表され色々と話題な映画も増える時期となりましたが、ここでひとまず最近見た映画の中でも特にオススメの4本を3行(セ…

エイリアンの真の目的とは:『バトルシップ』感想

昔の『バトルシップ』に対する残留思念を発掘してしまったので、供養します…バトルシップとは何だったのか… 80点 バトルシップ Blu-ray & DVD (デジタルコピー付) 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2012/09/05 メディア: Blu-ray 購入: 2…

落ち込むというかママが怖い映画『レクイエム・フォー・ドリーム』 感想(ネタバレ無し)

新年なのでブログを更新してみようと思います。映画『レクイエム・フォー・ドリーム』の感想です。はい。 Requiem For A Dream Full Song HD - YouTube 85点 音楽だけはだいぶ昔から知っていた作品。ツタヤDVDを観賞。サークル部室にて後輩と見る。 冒頭から…

『8 mile』或いは『TOKYO TRIBE』の感想、少し比較(ネタバレ少し)

今日はかなり強い雨でしたが、傘を持たずに自転車に乗って映画館に行ってしまった為、午後から降りだした雨をモロかぶりしてしまいました。アホですねー。 バルト9の2番で『TOKYO TRIBE(TT)』観賞。映画の日・雨ということで満席でした。相変わらずバルト9に…

ゴジラ(1954年) 感想・考察

ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2014/06/18 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (23件) を見る 冒頭の太鼓とゴジラの咆哮から始まる、異様な雰囲気のクレジットロール。凄まじい緊張感が走る。 98点 …

ビヨンド・ザ・エッジ 〜歴史を変えたエベレスト初登頂 感想

『ビヨンド・ザ・エッジ』を見てきました。別に以前から存在を知っていた訳ではなく、有楽町でたまたま見かけたので見に行きました。角川シネマ有楽町です。3Dです。 H8で見ましたが、視線の高さはちょうどよく音も悪くなかったです。内容はそのまんま人類…

オール・ユー・ニード・イズ・キル ALL YOU NEED IS KILL ネタバレ感想

80点 日比谷のワーナー・ブラザーズ試写室、最前列中央やや右で観賞。ここの試写室は初めてで、どうせスクリーンも超ちっちゃいんだろうと思い前に座ってみたら意外と大きかったので四列目くらいがベストじゃないでしょうか。ウーファーの振動が風となり顔面…

REDLINE のドリパス劇場上映

今週のお題「好きなアニメ映画」今週のお題に初挑戦してみます。私にとっての好きなアニメ映画、と言ったら「天空の城ラピュタ」と即答するのですが、あまりにもありきたりで、あまりにもおっさん臭いので「REDLINE」を挙げたいと思います。 REDLINE コレク…

 プロメテウス 感想

85点としまえんIMAX3D/字幕/特別鑑賞期間/にて鑑賞。音響はちょうどいいくらい。3D感はアバターほどは強くなかった。冒頭15分はかなり良かった。アイスランドは本当に不思議なところですね、という感想。 FPS視点いらねえよ 中盤〜後半にかけてノオミ・…