読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K.T.C.C

映画とか洋ゲーの冒険記です。大体端書。

SHIROBAKO一挙放送を見終わって

GW最終日、ニコニコ動画でSHIROBAKO一挙放送が行われたので見ました。

 

全てを見ることは出来ませんでしたが、個人的に好きな回は見ました。

 

中でも好きなのが、第19話「釣れますか?」

 

一言で申し上げるなら、感動、しかございません。

 

 

 

この作品を見て感動しました。最後まで見て、EDに入る頃にはアツいものがこみ上げてきて、万感の思いでいっぱいでした。

 

なぜ、アニメはここまで人を感動させる事ができるのか。

 

やはり、画質やリアリティに依らない感傷的な部分に、人は感動を覚えるからではないでしょうか。

 

そこで私は、非日常的なアニメと非日常的な現実、それらがどの様な相互作用を人に与えるのかを調べるべく、南米に飛びました。

 

SHIROBAKO第19話『釣れますか?』。もし、アンデスチャッキーで人間が釣れるのか?という問であったならば、私は釣られました。

 

 

 

アンデス山脈中部、ペルーとチリの国境地帯。標高は優に4000mを超えます。

 

荒涼とした大地と山、そして人の痕跡のない川、湖。そこにはチャッキーやベソベソが居たであろう非現実的な世界が広がっていました。勿論感動しました。今まで見たことのない景色だったので。

 

 

f:id:T_TAPER:20150512011224j:plain

 

SHIROBAKO第19話『釣れますか?』を見てみました。感動しました。アンデス山脈の圧倒的な現実の前に、アニメで描かれている虚構のアンデス山脈を見ても感動できる、それがアニメの持つ力なのではないでしょうか。

 

f:id:T_TAPER:20150512011608j:plain

 

標高4358m。空気が薄く、歩くのもしんどい世界です。でもSHIROBAKOを見て感動しました。

 

いやーアニメっていいですね。