読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K.T.C.C

映画とか洋ゲーの冒険記です。大体端書。

ある意味究極の闇『ドローン・オブ・ウォー』感想

映画

f:id:T_TAPER:20151007233708p:plain

 

現代戦争度:80点

殺戮度:90点

解決の兆しが見えないアメリカの闇度:90点

 

総合:81点

 

推奨BGM

www.youtube.com

 

久しぶりに見たイーサン・ホーク主演の戦争映画(と言ってもいいと思う)。

戦争映画としてみると、主人公はUAVのパイロットとしてアフガニスタン人などを直接爆殺するトリガーを握っており、作中では何回も何十人も殺している。そういう意味では、今までのどの戦争映画よりも主人公が人を殺しまくっている映画だといえる。(大量殺戮ではなく、何人かを何回もという意味で)

 

f:id:T_TAPER:20151007234947p:plain

 

そして、そのような状況に人間が追い込まれたらどの様になってしまうのか、という様子もしっかり描いている稀有な作品ということが出来るのかもしれない。

 

f:id:T_TAPER:20151007235017p:plain

 

UAVを操縦士、2分後には10人を爆殺するかもしれない状況なのに、妻に「ごめん今日夕飯いらなわ!」とラインするヤバさは十分に一般人にも伝わったと思う。というか、そのような光景を描写するの本作の目的の様にも感じる。

 

f:id:T_TAPER:20151007235114p:plain

 

印象に残ったのが、F16の前で夢を見ているシーン。あれほど寂寥感のあるシーンもなかなか無いだろう。主人公はそこそこに「飛びたい」という気持ちを周囲に表明しているが、彼の行動が一番良く「飛びたい」という気持ちを表していると感じた。

 

f:id:T_TAPER:20151007235046p:plain

 

合わせて再び見たい作品としてはまず「ジャーヘッド」。体は故郷にいても、心は常に砂漠にいたという点で見る必要がある。また主人公の飛びたい気持ちとしては「戦闘妖精雪風」にも妙なリンクを感じる。

 

f:id:T_TAPER:20151007235159p:plain

 

主人公の妻役が超美人でセクシーだった。これもまた、完璧な家庭を際立てているのかもしれない。とにかくドエロかったのは、作品の評価を間違いなく向上させている。と思う。

 

結局、戦争は人を殺すことなんだと当たり前のように考える映画。

UAVはプレステじゃなくて現実。

 

f:id:T_TAPER:20151007235133p:plain

 

引用:Youtube

 

ジャーヘッド [Blu-ray]

ジャーヘッド [Blu-ray]